東海めぐみ幼稚園
東海市荒尾町神田15-3
電話のアイコン052-603-4762
メールでのお問い合わせはこちら アクセス情報はこちらから

教育目標・教育方針

教育目標

心身ともに健康で、
自分からすすんで取り組む子に育つ

教育方針

当園ではたくさんの友だちとの“遊び”の中で、様々な体験をする事が、子どもたちの心を大きく育てていくと考えています。
また年齢の異なる子ども同士が触れあう場を園生活の中でもなるべく多く設ける事で社会的なルールが身につくよう配慮し保育しています。

日々の活動としては、ご家庭やおけいこ塾ではなく、幼稚園という集団の中で子どもたちの中でしか体験できないような内容を中心に創造性ゆたかで思いやりのある子になることを目指しています。
たとえば、健康面では恵まれた自然環境の中での遊びから、プールやチームゲームとしてのサッカー。音楽面では楽器の合奏や園児全員での「一休さん」の鼓笛まで。そして本物に親しむため釘や金づちを使っての木工、子ども用の包丁を使ってのカレークッキングやお菓子作り。

チームゲームとしてのサッカー
本物に親しむため釘や金づちを使っての木工

その他にも子どもたちの豊かな情操を育むお茶会・座禅会、「めぐみ農園」での栽培や収穫など、内容を十分精査して保育に当たっています。
学習面でも、文字や数字だけを取り上げるのではなく、いろいろな遊びの中から興味を持って身につくようすすめてまいります。 このような活動を通して、体を動かして体験し遊びながら、自分からすすんで取り組んでいけるよう保育を行っています。

豊かな情操を育むお茶会・座禅会
「めぐみ農園」での栽培や収穫

園長あいさつ

子どもたちのしあわせとは
いったいなんでしょう。

私たちが子どもであった頃を思い出してみますと、心も体も自由で解き放たれた中でのびのび生活している時にこそ本当の自分が発揮できたのではないでしょうか。
子どもたちを取り巻く社会の状況は昔とは変わっていることも多くありますが、「幹」となる部分は今も昔も変わらないのではないでしょうか。
同年齢のお友達・異年齢のお友達・先生たち、たくさんの人の中で遊びを通して関わり、知りたい・やってみたいという気持ちを伸ばし経験することで、自分に自信を持ち他者と認め合う心を育んでまいります。
職員一同、子どもたち一人一人の成長しようとする心に寄り添って保育をすすめてまいります。